【内容証明文例】婚約を破棄された者から相手に対する慰謝料請求書


婚約を破棄された時に婚約相手に慰謝料を請求するための内容証明慰謝料請求書文例。


                     請求書
 私は貴殿との結婚のために会社を退職し、
結婚の準備をして参りました。ところが貴殿
は、挙式直前に一方的に婚約を破棄する旨を
通告してきました。貴殿のこのような行為に
よって、私は周囲から好奇の目で見られ、著
しく精神的苦痛を被りました。
 よって貴殿に対し、婚約の不当破棄に伴う
慰謝料00万円を、本書而を以て請求致しま
す。
 なお、本書面到達後2週間以内に貴殿より
誠意ある回答が得られない場合には、法的手
続をとる覚悟でおりますので、その旨申し添
えておきます。
平成00
00
   東京都
OO区OO1丁目2番3号
           
OOOO
東京都
OOOO3丁目4番5号
 
OOOO殿


ワンポイント
婚約をしたからには、結婚をする義務がある。つまり、婚約を破棄することは義務違反にあたるため、婚約を一方的に破棄された場合には、慰謝料を請求できる。また、結婚式の準備にかかった費用についても請求できる。なお、文例では会社を辞めているので、働いていれば得られた給与額を上乗せして請求してもよい。