【内容証明文例】婚約を破棄されな者から相手に対する結納金の返還請求書


婚約を破棄された時に婚約相手に結納金の返還を求める内容証明返還請求書文例。



           請求書
 平成00年0月0日に、私は貴殿との間で
結納を取り交わし、婚約が成立しました。そ
の際、私は貴殿に対して、結納金
00万円を
納めました。
 しかし、貴殿は平成
0000日に、婚
約の解消を通知してきました。貴殿は、私と
結納を取り交わす前から、既に恋愛関係にあ
る人がいることを明らかにされました。貴殿
の行為は悪質であり、到底許すことができる
ものではありません。
 そこで、私としては、本書面を以て結納金
の返還と慰謝料00万円の請求を致します。
平成00年0月0日
   東京都
OOOO1丁目2番3号
          
OOOO
東京都
OOOO3丁目4番5号
 
OOOO殿


ワンポイント
結納は、婚姻の成立を条件とする一種の贈与契約と考えられており、結納されるものが金銭の場合を結納金という。婚姻が成立しない場合の結納金は不当利得(法律上の正当な理由がないのに受けている利益のこと=民法第703条)にあたるので、返還しなければならない。なお、たとえ婚姻が不成立になった原因が結納金を納めた側にある場合でも、婚約が破棄されると相手側は結納金を返還しなければならない。