【内容証明文例】不況を理由とした派遣切りについての派遣元に対する通知書


不況を理由に派遣切りにあった場合に派遣元に送る内容証明通知書文例。


 
          通知書
 私は平成00年0月より、当社派遣社員と
して当社が契約する自動車部品工場で製造工
として勤務していた者ですが、先月突然今月
一杯で契約を打ち切る旨を通告され、現在居
住している寮も月末までに退去するように命
じられました。私としてはこのような明確な
説明もない派遣契約の中途解約は到底承服で
きないので、解雇の無効を主張致します。ま
た、寮の退去につきましては、借地借家法に
より6カ月前の予告が必要とされているとこ
ろ、貴社の通知はこれに反するものであるた
め、引き続き居住を続けますのでご承知おき
下さい。
平成00年0月0日
   東京都
OO区OO1丁目2番3号
          
OOOO
東京都
OO区OO 3丁目4番5号
 
OO株式会社
  代表取締役
OOOO殿


ワンポイント
派遣先企業が労働者派遣契約を中途解除したことを理由に、派遣元が派遣労働者を解雇することを派遣切りという。派遣切りの際に居住している寮の退去を要求されることがあるが、契約の終了は解約申入れから6カ月経たないとできないことは知っておくとよい(借地借家法第27条1項)。相談先としては、1人でも加入できるユニオンなどの企業外労働組合がある。