【内容証明文例】自殺した労働者の遺族による会社に対する損害賠償請求書


自殺した労働者の親族が、会社に対して損害賠償を行うための内容証明損害賠償請求書文例。



           請求書
 私の夫は平成
000月から貴社に勤務し
ておりましたが、平成
0000日に自殺
により亡くなりました。
 自殺する3カ月ほど前から、週80時間を
超える尋常ではない残業を連日行なっており
、休日も自宅で作業し、睡眠時間でさえあま
りとれないという状況でした。
 夫の自殺の原因は貴社での過労が原因であ
ることは明らかであり、損害賠償として00
00万円を請求させて頂きます。
平成
000月0日
   東京都
OOOO1丁目2番3号
           
OOOO
東京都
OO区OO 3丁目4番5号
  OO株式会社
  代表取締役
OOOO殿


ワンポイント
自殺した場合でも、過重労働(過労)が原因なら、会社に対する責任追及ができる。まず、原因が過労であることを明らかにする証拠の収集が必要になる。このようなケースでは、民法第415条の債籍不履行(労働契約上の安全配慮義務違反)や民法第709条の不法行為を根拠に損害賠償を請求することになる。また、過労自殺を労働災害(労災)と認めるケースもあるので、会社に労災申請を求める方法もある。