【内容証明文例】従業員の会社に対する未払賃金の支払請求書

会社から支払われていない給料がある場合に請求する内容証明未払い賃金請求書文例。



           請求書
 私は当社の福利厚生部に勤務する従業員で
すが、平成
000月から平成00年0月の
間に勤務した分の給与金
00万円をいまだに
お支払い頂いておりません。
 直ちに上記の賃金及び支払日の翌日から起
算した年6%の利率による遅延損害金をお支
払い下さいますよう、ご請求申し上げます。
平成00年
00
   東京都
OO区OO 1丁目2番3号
           
OOOO
東京都
OO区OO 3丁目4番5号
  OO株式会社
  代表取締役
OOOO殿


ワンポイント
会社は、従業員に対して毎月1回以上、一定の期日に賃金を支払わなければならない。賃金の支払いが滞っているときには、何カ月分の賃金が未払いになっているのかを示したうえで通知をするのがよい。また、会社は営利法人であるため、年6%の利率で計算した遅延損害金(期日までに支払わなかった場合にペナルティとして請求される金銭のこと二商法第514条)も請求できる。賃金は、請求をしないでいると2年間で時効消滅するため(労働基準法第115条)、早めに内容証明郵便で請求するとよい。賃金の不払いは労働基準法第24条違反の行為であり、30万円以下の罰金が科される犯罪である。したがって、支払いの遅延が何カ月も続くようなら、労働基準監督署に相談することも必要になる。