【内容証明文例】信販会社に不当に高額な遅延賠償金を請求された揚合の抗議書


信販会社に不当な遅延賠償金を請求された時に送る内容証明抗議書文例。



              抗議書
 平成
00年0月0日、私は△△電気店でパ
ソコンを購入するにあたり、クレジットカー
ドにより、合計10回の分割払いで貴社に対
して代金を支払う契約を締結致しました。と
ころが、私の入金手続きが遅れ、4回目の支
払いをすることができず、そのために貴社よ
り契約の解除通知とともに遅延損害金の支払
いを求める督促状を受け取りました。
 支払いを怠ったことにつきましては誠に申
し訳なく、お詫び申し上げます。しかし、貴
社から受け取った督促状に記載された金額は
、支払総額と法定利率の関係で定められてい
遅延損害金の合計額を大幅に上回る金額で
す。この金額の請求は割賦販売法第30条の
3に反する行為であるため、抗議するととも
に、適切な金額に改めることを請求致します
平成00年0月
0
   東京都
OO区OO1丁目2番3号
            0000 印
東京都00区OO 3丁目4番5号
 
OO株式会社
  代表取締役
OOOO殿


ワンポイント
月賦の割賦払いを怠ると信販会社との契約により、契約を解除され、残金を一括して請求されることになる。ただ、支払いを怠ったからといって、相手の要求のすべてを受け入れる必要はない。なお、遅延損害金については割賦販売法により、上限が定められている(割賦販売法第30条の3)ので知っておくとよい。