【内容証明文例】ショッピングクレジットで信販会社に支払解除を行なう場合の通知書


ショッピングクレジット利用者が信販会社に支払い解除を行うための内容証明通知書文例。



          通知書
 私は平成OO年O月O日、当方を訪れたセ
ールスマンの方と羽毛布団を購入する契約を
結びました。代金の支払いにつきましては、
ショッピングクレジットにより貴社より立替
えを受け、代金を3カ月にわたって3回払い
で分割してお支払することになっておりまし
たが、思い直し、本件契約を解除することに
致しました。貴社との契約は割賦販売法が適
用される個別信用購入あっせん受領契約に該
当致しますので、割賦販売法第35条の3の
10に基づき、本書面を以て解除致します。
平成
00年0月0
   東京都00区001丁目2番3号
           0000 印
東京都OO区003丁目4番5号
 
OOO株式会社
  代表取締役
OOOO殿


ワンポイント
訪問販売などで商品を購入する際には、代金をクレジット契約により信販会社などから立て替えてもらい、分割払いで返済していくケースが多い。この場合、商品販売契約だけでなく、信販会社に対する代金支払契約も、クーリングオフによリ解除することができる。個別信用購入あっせん受領契約とは、商品などを購入する際、購入者が販売会社と提携している信販会社と立替払い契約を結ぶものである。この契約によリ、手元に現金やクレジットカードがなくても商品を購入することができる。