【内容証明文例】個人年金保険の契約者が契約の解除を行う場合の通知書


個人年金の契約者が事業者に契約解除を通知するための内容証明通知書文例。



               通知書
 昨日、貴社の販売員000氏の訪問を受け
た私は、同氏より元本が保証されている年金
保険として勧められ、△△保険に加入する契
約書に署名押印しました。
 ところが、本日私が加入した△△保険は元
本割れするリスクのある個人年金保険である
ことが判明しました。従いまして、保険業法
第309条1頂の規定によって、上記契約の
解除を請求致しますことを本書面によりご通
知申し上げます。
平成OO年O月O日
   東京都OO区001丁目2番3号
            0000 印
東京都○○市OO区04丁目5番6号
  株式会社OO生命
  代表取締役 0000殿


ワンポイント
自宅において生命保険・損害保険・個人年金保険といった保険に加入する契約を結んだ場合でも、8日以内ならば、書面で通知することによって、契約をクーリングオフすることができる(保険業法第309条1項)。しかし、申込者が自ら指定した場所に販売員を呼んで保険契約の申込みを請求した場合など、申込者の保護を図る必要がないといえる場合もある。これについてはクーノングオフをすることができないので、注意が必要である。