【内容証明文例】士商法(サムライ商法)の被害者が 教材購入契約を取り消す通知書


士商法(サムライ商法)の被害に合った被害者が事業者に教材購入契約の取り消しを通知するための内容証明通知書文例。



                    通知書
 平成OO年O月
O日、当方は貴社の広告を
読んで
OO資格の資料請求を致しました。す
ると、
OO日、貴社より電話があり、「こ
の資格は近々国家資格になる予定で、今回合
格しておけばそのまま国家資格に移行される
」などと説明を受け、教材購入の契約を締結
しました。
 ところが、所管行政庁に確認したところ、
そのような事実はないことが判明しました。
 よって、この契約は詐欺によるものと判断
し、民法第96条1項の規定に基づいて取り
消します。
平成OO年
OO
   東京都□□市□□1丁目OO番0号
           
OO OO
東京都OO区000丁目O番0号
  株式会社00
  代表取締役
OO OO殿


ワンポイント
資格取得をネタに高額の教材の購入などを勧誘するのが士商法(サムライ商法)である。事実がないのにもかかわらず、「いま契約すれば0万円の値引きが受けられる」「国家資格になる予定」などのあおり文句を使って勧誘を行なった場合には、詐欺(民法第96条1項)や不実告知(消費者契約法第4条1項1号=事実にもとづかない説明の伝達)などを理由として契約を取リ消すことができる。