【内容証明文例】マルチ商法の被害者が契約をクーリングオフする場合の通知書


マルチ商法の被害にあった時に、契約の取り消しを行うための通知書文例。



            通知書
 私が貴社の開催する販売会において締結し
た下記の契約は、「連鎖販売契約」に該当す
るものと判断しました。つきましては、特定
商取引法
第40条の規定に基づいて契約解除
することをここに通知致しますので、ご確認
下さい。
              記
 1 契約日  平成00年△月△日
 2 契約内容 商品売買契約
 3 対象商品 000 10個
 4 商品代金 000万円
平成OO年O月0日
   兵庫県OO市001番2号
        0000 印
東京都OO区003丁目4番5号
  000株式会社
  代表取締役 ロロロロ殿


ワンポイント
マルチ商法とは、ある商品販売組織の会員になった者が、新たに会員を紹介することによって一定の利益を得ることを目的とする商売手
法である。特定商取引法ではこの商法によって締結される契約を連鎖販売契約と呼び、契約書面を受け取った日から20日以内ならば無条件でクーリングオフできると規定している。