【内容証明文例】点検商法の被害者が事業者に送付する取消通知書


点検商法による被害者が事業主に送付する取り消し通知書の文例。



              通知書
 私は、平成00年0月O日、貴社の営業担
当者の勧めで床下の点検を受けました。その
結果、早急に修繕が必要と説明され、床下工
事の契約を締結しました。
 しかし、念のため別の複数の専門家による
診断を受けたところ、そのような事実はない
と判明しましたので、本契約の締結は詐欺に
よるものと判断し、民法第96条1項の規定
に基づいて取り消させて頂きます。
 つきましては、本書面到達後1週間以内に
手付金10万円の返還と床下の資材を撤去し
て頂くよう請求致しますので、宜しくお願い
致します。
平成00年0月0日
   東京都00区001丁目2番3号
            0000 印
東京都00区003丁目4番5号
  株式会社OO
  代表取締役 0000殿


ワンポイント
点検商法は、「無料で家屋を点検しています」などといって訪問した業者が、「このままでは近いうちに柱が折れてしまう」などの不安をあおる言葉で修繕工事や商品購入を勧誘する商売手法である。訪問販売にあたるので、特定商取引法上のクーリングオフ制度を活用できる(特定商取引法第9条1項)。