【内容証明文例】思い違いで購入した商品の買主から売主への契約取り消し通知書


思い違いや言い違いにより発生した契約を取り消すための契約取り消し通知書文例。


                通知書
 当方は、貴社との間で、平成00年O月O
日に、貴社の商品00を金00万円で購入す
る契約を締結致しました。
 契約に当たって、当方は、貴社から購入し
た商品がOOであると思っておりましたが、
実際には△△であることがわかりました。
 00を△△であるとして購入したことは、
契約について重要な部分に私の思い違いがあ
ったことになり、民法第95条に規定する「
要素の錯誤」に該当します。そのため、契約
は無効となります。
 つきましては、当方が貴社に対して既にお
支払いした代金全額を返還して下さいますよ
うお願い申し上げます。
平成OO年0月O日
   東京都00区001丁目2番3号
            0000 印
東京都○区003丁目4番5号
  OO商事株式会社
  代表取締役 0000殿


ワンポイント
錯誤とは、思い違いや言い違いのことである。意思表示が錯誤による契約は無効である。ただ、錯誤によリ契約が無効になるためには、それが重要な部分に関するもので、もし錯誤がなければ、普通は契約をしないと思えるものでなければならない。錯誤に時効はないが、トラブルを避けるため、早めに無効を主張しておくとよい。