【内容証明文例】詐欺を理由に土地売買契約を取り消す場合の通知書


土地の売買において虚偽の情報などが与えられていた場合に契約を取り消すための通知書文例。



           通知書
 私は、「3年以内に公共事業で利用される
土地であり、確実に値上がりする」などと説
明を受け、御社と下記土地の売買契約を締結
しました。しかし、調査の結果、その説明が
全くの虚偽であることが判明しました。従っ
て、本契約は詐欺により成立したものと判断
し、民法第96条1頂の規定に基づいて契約
を取り消すことを通知致します。
 つきましては、既に支払い済みの代金OO
万円の返還を請求致します。本書面到達後1
0日以内に返還されない場合は、法的措置を
とる所存ですのでご承知下さい。
1 
所在 京都府00市00町
2 地番 00番
3 地目 山林
4 地積 00㎡

           記
平成00年O月O日
   大阪市00区001丁目2番3号
           0000 印
京都府00市003番4号
  00株式会社
  代表取締役 0000殿


ワンポイント
ある土地に関し、不確実またはまったくの虚偽の情報を伝えるなどして「将来値上がりする可能性がある」と信用させ、本来の価値よりも高い値段で購入させる商法を原野商法として最初から不正確な情報で信じ込ませる手法を用いているため、詐欺(民法第96条1項)を理由として、契約の意思表示の取消しが可能である。