【内容証明文例】弁護士の契約解除による依頼人からの損害賠償請求書


職務怠慢な弁護士の契約解除による損害賠償を請求するための内容証明文例。


       
            請求書
 私は、平成OO年
O月O日に、貴殿に債務
整理を行なってもらうために貴殿と委任契約
を結びました。
 ところが貴殿は、平成OO年O月O日に、
突然、私との委任契約を解除しました。債権
者との話合いはうまく進み、もう一歩で、整
理案がまとまる矢先の出来事でした。
 そのため、これまでの交渉は完全に撤回さ
れ、私の債務額は以前より00万円増えるこ
ととなりました。
 つきましては、貴殿の契約解除により、私
が被った損害額00万円を、本書面到達後、
1週間以内に支払うよう請求致します。
平成OO年O月0日
   東京都00区OO 1丁目2番3号
            0000 印
東京都00区003丁目4番5号
  00法律事務所
  弁護士 0000殿


ワンポイント
委任契約は、委任者、受任者、どちらからでも、いつでも解除することができる。ただ、どちら力一方にとって不利な時期に解除した場合には、やむを得ない理由がない限リ、相手方が途中で契約を解除することによって生じた損害を賠償しなければならない(民法第651条)。