【内容証明文例】債務者の貸金業者に対する自己破産の申立てをしたことを伝える通知書


債務者が悪徳賃金業者に自己破産の申し立てをしたことを伝えるための文例。


           通知書
 私は、貴社と金銭消費貸借契約を締結し、
平成00年0月0日現在、残存額が金000
万円あります。
 これまで何とか支払ってきたものの、景気
の落ち込みもあり、利息の支払いすら難しい
状況になっていました。つきましては、誠に
遺憾ながら、平成OO年0月O日に、 OO地
方裁判所に、自己破産の申立てを致しました
ので、その旨を通知致します。
平成〇〇年〇月〇日
   東京都OO区OO 1丁目2番3号
           OO OO 印
東京都O区OO 3丁目4番5号
   OO金融株式会社
   代表取締役 OO OO殿


ワンポイント
債務者(何かを借りたり依頼されたりしている側)が自己破産を申し立てた場合、債権者(何かを貸したり依頼したりしている側)に対して、裁判所からその申立てが行なわれたことが通知される。これが通達されると、債権者は債務者から取立てをすることができなくなる。ただ、裁判所からの通知は時間がかかるので、自己破産を申し立てた時点で債務者から債権者に通知しておくとよい。
なお、自己破産とは、借金を返済できない債務者が裁判所に破産を申し立てることをいう。破産すると債絡者の財産は処分され、その代金が借金の返済にあてられる。それでも借金が残った場合、裁判所に免責を申し立てることにより、すべての借金が帳消しになる。