【内容証明文例】償務者の貸金業者に対する償務不存在の碓認請求書


債務者が賃金業者に対して送る償務不存在の碓認請求書の文例。



               請求書

 私は、貴杜と金銭消費貸借契約を結んでい
た者です。貴社は、私と金銭消費貸借契約
締結するに当たって、利息を年30%としま
した。この金利は利息制限法で定められた
定金利
を超えるものです。
 法定金利であらためて計算をしたところ、
平成00年0月0日に、私が貴社に支払った
金OO万円を以て、私の貴社に対する利息を
含めた元本の支払いは完了していました。
 つきましては、私の貴社に対する債務は存
在しないことを確認して頂けますよう請求致
します。また、金銭消費貸借契約書の原本も
返還して下さるようお願い致します。
平成〇〇年〇月〇日
   東京都OO区OO 1丁目2番3号
           OO OO 印
東京都O区OO 3丁目4番5号
   OO金融株式会社
   代表取締役 OO OO殿


ワンポイント
文例では、すでに債務(返済を約束して借リたもの二借金)の支払いが完了していることを貸金業者に確認している。このような請求を債務不存在確認という。請求にあたっては、契約書の返還を要求することも忘れないようにする。