【内容証明文例】債務者の賃金業者に対する過払い金返還請求書


借金の返済金額を払いすぎた時に、金融業者宛てに送る内容証明の書式例。


            請求書

 当方は、貴社との間で、平成〇〇年〇月〇
日付の金銭消費貸借契約に基づき、貴社から
金〇〇万円を年利
40%、支払期日を平成〇
〇年〇月〇日とする約束で借り入れました。
その後、上記の支払期日に、利息を含め、借
入金〇〇〇円を返済致しました。
 しかし、当方と貴社が締結した金銭消費賃
借契約における利息額は、年利40%であり、
利息制限法で定める利率を大きく超えてい
ます。当方で、利息制限法に定める法定金利
に従い、元利計算した結果、金〇〇万円が過
払いとなっております。
 従って・過払金〇〇万円を、本書面到達後
2週間以内に返還されるよう請求致します。
平成〇〇年〇月〇日
    東京都〇〇区〇〇1丁目2番3号
                     〇〇〇〇 印
     東京都
3丁目4番5合
       〇〇金融株式会社
        代表取締役 〇〇〇〇殿


ワンポイント
利息制限法で定めた利率を超えた利息を取ることはできない。払い過ぎの利息を元本などにてたうえで余りがあれば、借主は・払い過ぎの金額(過払金)を貸主に請求することができる。