■内容証明を出した後の流れ


差出人が内容証明郵便を出し、実際に郵便が受取人に配達されてから2、3日程度で、差出人のもとに配達証明が届きます。


 配達証明は、内容証明郵便が配達されたこととその配達日時を証明するものですから、書留郵便物受領証と謄本と同様、なくさないようにしましょう。内容証明郵便が受取人に配達されるまでの期間は、受取人や同居人が在宅していて受け取った場合には一般の書留郵便と同じですが、受取人が不在だったり、受け取りを拒否した場合は、状況が異なります。
 受取人が不在だった場合、配達人は不在配達通知書を受取人宅のポストに入れて、郵便物を持ち帰ります。郵便物は1週間郵便局に保管されますが、この期間内に受取人からの連絡がなく引き取られなかった場合、郵便物は差出人のもとに戻されます。郵便物が戻って来た場合、相手方に文書が届いたことにはなりませんから、相手方に直接出向いたり、在宅の日を電話で確認したりするといった対応が必要となります。